阿波番茶 日本古来の発酵茶を 四国からお届けします

阿波番茶 awabancha.com
阿波番茶 発酵茶の甘酸っぱい香りをお取り寄せ。

阿波番茶のすすめ > 豆知識 > 番茶じゃない?
阿波番茶のすすめ 微生物発酵させた甘酸っぱいおいしさ 阿波番茶のすすめ 微生物発酵させた甘酸っぱいおいしさ 阿波番茶のすすめ 微生物発酵させた甘酸っぱいおいしさ 阿波番茶のすすめ 微生物発酵させた甘酸っぱいおいしさ 阿波番茶のすすめ 微生物発酵させた甘酸っぱいおいしさ 阿波番茶のすすめ 微生物発酵させた甘酸っぱいおいしさ 阿波番茶のすすめ 微生物発酵させた甘酸っぱいおいしさ 阿波番茶のすすめ 微生物発酵させた甘酸っぱいおいしさ
阿波番茶のすすめ QRコードS
阿波番茶のすすめ QRコードM
 お客様からのご意見、ご質問をお待ちしております。 必要事項をご記入いただき、”送信”ボタンを押してください。
 お名前
 E-Mail
 今後、awabancha.com からの新しい情報をご希望されますか?メールにてお送りいたします。
 コメント
  
 直接、メールをお送りいただくことも可能です。
hello@awabancha.com宛てにお送りください。

番茶じゃやないのに、阿波番茶?

 いま日本において、日本茶といって思い浮かべられるお茶といえば煎茶か、抹茶ではないでしょうか。

 その歴史を見ていくと、煎茶が現在のように、蒸した葉を揉みながら乾燥させることで、鮮やかな緑色のお茶として飲めるようになったのは江戸時代の中頃過ぎのこと。さらに、一般の人々にこうした高級茶としての煎茶が普及していったのは、幕末にお茶が外国貿易の主要な輸出品となって品質の向上が図られ、生産高が急激に伸びてからだといわれています。では、その高級日本茶としての煎茶が普及する前に、一般の庶民が飲んでいたお茶とはどのようなものだったのでしょうか。

 番茶

 番茶の語源ははっきりとしていません。一説には、その年の最初の最も良い芽で作る新茶、一番茶に対し、その後に出てきた芽を摘んだ茶を二番茶、三番茶と言うため、このような品質が少し落ちる茶を番茶と呼ぶようになったであるとか、遅く摘む茶、すなわち時期的に晩のお茶、晩茶であると解釈されています。
 いずれにせよ、番茶といえば規格外の安いお茶、あるいは品質の劣った低級なお茶という意味で使われ、古くからの一般庶民のお茶といえば番茶のことを指していました。

 その番茶の製法は地方によって多少の差はありますが、摘み取った葉を蒸し(煮たり、釜で炒る地域もある)その後に乾燥させるという非常に単純な製茶法、という特徴があります。その中にあって、阿波番茶の製法は独特であり、機械化が難しく、今でもその製法のほとんどを人の手に頼っています。阿波番茶が番茶であって番茶でないと言われる所以の一つです。



阿波番茶のおいしい入れ方。

ホットするよ、阿波番茶。ホット阿波番茶 (味と香りをしっかり楽しみたい方)

1.お湯を沸かす。
 香りを楽しむには、沸きたての熱いお湯でじっくり抽出。味と香り、どちらも楽しみましょう。

2.ヤカンに茶葉を入れる
 沸騰したら一旦火を止め、茶葉をいれます。一人分2g、1Lなら4〜5gくらいが目安。大人の手で一掴みぐらいでしょうか。濃い味が好みの方は、ここで茶葉の量を1.5倍ほどに。

3.もう一度沸騰させる。
 阿波番茶の味と香りをしっかり抽出させる。1〜2分ほどで火を止めます。少し蒸らしたら出来上がり。

 急須で入れる際は、沸騰したお湯を使用し、蒸らしの時間を2〜3分ほどか、それよりも少し多めの時間取っていただくと美味しく頂けます。


冷たくおいしい、阿波番茶冷たい阿波番茶 (あっさり味が好みの方に)

1.お水を用意します。
 水道水を使う場合は、一度沸騰させたものを使用すると香りを損ねません。

用意した容器に茶葉を入れます。
 茶葉は、やかんで沸かすときよりも同じくらいか少し多めに、好みに合わせて調整しましょう。

3.お水いれ時間をおきます。
 茶葉を入れた容器に水を注ぎ2〜3時間で出来上がり。余裕があれば一晩おくと更に香りと味が楽しめます。透明でゴールデンな水色のあっさり阿波番茶が楽しめます。


- 阿波番茶のすすめ - 会社概要 - プレスリリース - お客様の声 - 問い合わせ -

Copyright (c) 2001 awabancha.com All Rights Reserved.
.